青木鐵夫 AOKI Tetsuo tetsuo@tetsuao.com

1940 年生まれ。
所属 /国画会会員、藤枝美術協会会員。
受賞 /国展国画賞・前田賞・野島賞・準会員優作賞、紙わざ大賞展大賞、浜松美術館版画大賞展静岡新聞社賞、トリックアートコンペ奨励賞ほか。
個展 /紀伊国屋画廊、養清堂画廊、樹樹画廊、沼津市庄司美術館、島田市博物館分館、静岡カントリーカルチャーフロア、清水市民文化会館、フェルケール博物館、四郷版画館、ペンリス・リージョナルギャラリー(オーストラリア)、ギャラリーうえすと、ギャラリー・モテキ、由美画廊、アートカゲヤマ画廊、ギャラリー葉音、ギャラリー未来ほか。
出品 /現代美術選抜展(文化庁)、公募団体ベストセレクション展(都美術館)、サンシャイン版画グランプリ展、現代日本版画50人展(イスラエル)、日本現代版画展(アメリカ)、YUKO展(チェコ)、県版画招待作家21世紀展(駿府博物館)、上海半島美術館日本版画招待展2016 ほか。
収蔵 /浜松市美術館、福岡市美術館、沼津市庄司美術館、駿府博物館、島田市博物館、ティコティン美術館(イスラエル)、米国議会図書館、ペンリス・リージョナルギャラリー(オーストラリア)ほか。
表紙・カット /「文芸静岡」、「浜松百撰」、『ひとさしゆびのさかさむけ』、『DISCRIMINATION AND DISRESPECT』(オックスフォード大学出版局)ほか。
刊行 /『藤枝静男―年譜・著作年表・参考文献』、句画集『第三の眼』(共著)、絵本『第五福竜丸』(共著)、『らくはん会小史』ほか。
寄稿 /「名前考」 ( 三田文学 ) 、連載「藤枝静男のこと」(藤枝文学舎ニュース)、「エッシャー『円の極限』」・「現代の木版画」・「内なる自分発見の営み」(静岡新聞)、「海野さんのこと」(海野光弘作品集)、「自分を生きたひと」(伊藤勉黄作品集)、「富士正晴と藤枝静男」( CAVIN )、「藤枝静男と美術」(『風紋のアンソロジー』浜松文芸館)、「勁くたおやかに」(福岡知子作品集)、「義母のこと」(やぐるま草子)、「必然」(季刊文科69号)ほか
その他 /「藤枝静男と美術」展(藤枝市文学館)企画構成、HP「藤枝静男 年譜・著作年表」編集、映画「グラスホッパー」に作品提供、T:The New York Times Style Magazineに口絵ほか。

 

北比臼日          84×54        2017

 

言葉を交わす時          84×54        2016
 
思うとき

思うとき           84×54        2015

 
私について           84×54        2014
 
聞こえてくるもの           84×54        2013
 
光景
光景                        54 × 84        2012
 
道                        54 × 84        2011
 
空                        84 × 54        2010
行く手                85 × 55       2009
手の内                19 × 19       2008
 
しなやかに                          85 × 55       2008
 
タッテイルヒトビト                55 × 40        2007
 

人間をテーマに、ベニヤと和紙と墨による木版画の制作を続けている。木版画はその簡明さにこそ魅力があると考えている。また、墨色の美しさが発揮されるよう心掛けている。